木造注文住宅「グリッター」の高耐震性についてご紹介します

グリッターな家とは?
TOP > グリッターな家とは? > 高耐震性を誇る木造注文住宅グリッター

高耐震性を誇る木造注文住宅グリッター

木造注文住宅「グリッターな家」は、強靭な床・壁・屋根で構成された耐震住宅です。それぞれの部位が高い強度を持つことにより、建物全体で驚異的な耐震性を発揮します。

木造注文住宅グリッターの耐震性能

基礎から壁まで、すべてにおいて強度を確保! 木造注文住宅グリッターの耐震性能

耐震住宅というのは、「これがあれば」「こうしたから…」というのではなく、建物全体がバランスよく地震に対して抵抗できなくてはなりません。

「グリッター」の基礎は厚み20cmで、13mmの鉄筋がダブルで組まれています。基礎と土台の間にはアンカーボルト、ホールダウン金物がもちろん入っていますが、土台と柱はホゾ金物とドリフトピン、柱と梁または梁と梁はハラテックという引き寄せ機能を持った特殊金物でつなぎます。

壁は倍率2.5倍の断熱パネルです。屋根も断熱パネルを使用します。床は、1階も2階も28mmの合板で床剛性を確保します。

これらの組み合わせにより、「グリッター」は驚異的な耐震性能を発揮するのです。


木造住宅の強度と精度を高める接合金物

接合金物は耐久性だけでなく耐震性も抜群!木造住宅の強度と精度を高める接合金物

部材を密着緊結させる接合金物(ハラテック金物)は、耐久性だけでなく耐震性も抜群。建築時に部材同士を引き寄せ強固に密着、さらに、揺れるたびに柱と梁のお互いを引き寄せる機能をもち、家の緩みを防ぎます。鉄よりも硬度があり、衝撃に強いハラテック金物ならではの特長です

高耐震工法

高精度のプレカット素材で、建物全体の耐震性がアップ!高耐震工法

コンピュータ制御による高精度の構造プレカット材および床パネル・壁パネル・屋根パネルなどを用いた新工法により、構造体の耐震性が飛躍的に向上。地震や風雨に強い躯体とベタ基礎で、万が一の災害に備えます。



TEL042-563-4080 FAX042-564-1323