木造注文住宅「グリッター」を手がける、みのべ建築設計事務所のご紹介です


インフォメーション
TOP >木造住宅耐震相談会>「グリッター」と寒さについて

「グリッター」と寒さについて

日本の冬、グリッターな家は冬でも暖かく過ごすことができます。寒さ対策について。

1.コンクリートは蓄熱体です。

  コンクリートで出来た建物は、コンクリート躯体の中に熱を貯め込んでいきます。夏は、その熱が夜半家の中に放出される為、
 夜になっても外よりも家の中の方が温度が高いと言う現象が起きるのですが、逆に、冬は底冷えする寒さが続きます。「グリッターな家」は躯体の屋根、壁、床の断熱パネルがそれを防いで寒さから解放してくれます。
すぐれた断熱性能は豊かな空間を提供いたします。


2.暖かい陽射しを呼び込みます。

  「グリッターな家」は屋根や庇を本体から2メートルもオーバーハングさせています。
夏の高く暑い太陽の光を防いでくれていますが、冬は地平線に近くなった太陽の熱が光と共に室内へ入っていきます。
入った熱は、屋根や壁、床の断熱パネル、そしてペアガラスなどの躯体が室内へとどめてくれますから、自然な暖かさと気持ち良い空間を楽しめます。


3.温度差が大きくても冷蔵庫が結露しないのは?

  乾燥している関東地方では、暖房しながら加湿器を使うのが普通ですが、北陸等、日本海側の冬はとても湿度が高いので加湿器は使いません。
 むしろ、湿度を調整するために、小屋裏に換気孔を付けたりします。
「グリッターな家」は屋根の裏側まで室内として使用していますので、小屋裏という概念はありませんが、湿度が高ければ結露が心配です。
 でも、冷蔵庫を思い浮かべて下さい。冷蔵庫の温度が、マイナス10度、室内の温度が20度と仮定しても30度の温度差があります。でも結露はしていません。
その原理が「グリッターな家」の躯体には応用されています。
結露防止はカビの抑制や建物の長寿命化に貢献いたします。


4.省エネルギー住宅

  住宅におけるエネルギーの60パーセントは冷暖房と給湯で消費されていると言われています。住宅が抱えるエネルギーの消費は大きな問題です。
 住宅全体のエネルギーの消費を少なくするためには、屋根、壁、床、そして窓などの窓口部の断熱性能を向上させ、気密性能を良くしなければなりません。
 「グリッターな家」は最初から省エネルギーを目指して、これらの条件を満たした「先進のシステム」として作られたものです。是非、すでに生活されておられる方の家をご覧ください。ご案内させて頂きます。






TEL042-563-4080 FAX042-564-1323